嵐が台風に負ける(笑)


嵐の国立コンサート、
台風の影響9月4日日曜日に延期になったそうです。

気象庁のサイトによると、
熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが,
このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し,なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット,風力8)以上のものを「台風」と呼びます。
との事です。

嵐は、荒く激しく吹く風。雨・雪・雷を伴う場合にもいう。暴風。暴風雨。の事を言うらしい。

今日はこんなネタでブログを書く人が多いのではないでしょうか?
そんな人は私だけでしょうか?

また、全く自炊にもスキャン代行にもキンドル(kindle4)にも関係ないネタだったので、少し反省し、booKNOW(スキャン代行、電子書籍化サービス)に関係あるネタを最後に少し書きます。

今朝、早朝の通勤途中、肩から斜め掛けしていたバッグの肩ひもの金具が突然壊れ、カバンが歩道に落ちました。
そうです。紺屋の白袴です。
お客様のスキャンを優先しているため、自分の分はいつまでも電子書籍化出来ず、
カバンは通勤時に読もうと思っていた本で一杯になり、重量オーバー!!
運営者側の私が一番スキャン代行を欲していた象徴的なシーンでした(笑)

とにかく、お客様を最優先しますので、これまで以上にドンドン送って下さい。
私は重いカバンを持ち歩きます。とほほ(笑)。

結局、直接スキャン代行の話しではなく、すみません。しかし、びっくりしたし、こんな時に電子書籍化しておけば~と思いました。

ちょっと、余談ですが、booKNOWの兄弟サイトで今度企業向けの電子カタログ制作を始めようと思っています。サイト等はこれから制作しますので企業の皆様にご利用頂ければと思います。

一般の利用者向けには絵本を始めようと準備をしています。これはbooKNOWで実施しようと思っていますので、こちらも宜しくお願いします。

 

風間やんわり


tanimuraです。

J-WAVEを聞きながら自炊をしているのですが、今日「風間やんわり」がゲストで出てました。

ヤングマガジンで15年近く4コマを書いていて、FRIDAYなどにも載ってますので
しもぶくれのキャラを見たことがある人も多いはずです。
風間やんわり

5、6年前のネタなのですがパピポという宇宙人が母子家庭の親子や工事現場の人たちと人情ドラマをやる4コマがあったのを覚えています。
ギャグ無しでただ人情ドラマやってるだけの4コマなのに、すごいおもしろい。
主人公を宇宙人にするだけでこんなにおもしろいもんかと衝撃を受けた覚えがあります。

「ジョジョの奇妙な冒険」実写映画化の噂


tanimuraです。

荒木飛呂彦×グッチのコラボ企画の興奮も冷めやらぬ中、今度は「ジョジョの奇妙な冒険」実写映画化の噂がネット上を駆け巡っています。

「週刊文春」9月1日号より

【「週刊文春」9月1日号より。】

ところが「ジョジョの奇妙な冒険」の著作権を持っている集英社に取材したところ、

「どこからそういう話が出たのかわかりませんが、現時点ではなにも決まっていない状態です」

という回答が返ってきたそうです。

現在同作は第8部を連載中です。
映画化が本当なら一体何部の話になるのか。
第4部が舞台が日本だし、うまく映画の尺に収められそうな気がしますが、オーソドックスに一番人気のある3部か。。。
私としては5部のギャングの話や、陰謀渦巻く6部も捨てがたいです。
しばらくは何があってもジョジョの妄想だけで生きられそうです。

「地球に優しく」って表現は絶対に正しく無い。


宮城県気仙沼市の大谷海岸で地層を研究者が調べると過去の津波の跡が判り、
M9級の地震が珍しくないのでは?と思えるらしい。
日本は地震国である。誰もが知っている事だ。
でも、研究者が調べて判る事が実際には活かされていなかったりしている。
6000年後にはどんな社会になっているか判らないけど、
今回の津波の教訓は活かされるだろうか?
その頃にはもしかしたら人類もいないかな(笑)

よく地球に優しくって言って、環境を守ろうと言っているけど、
ちょっと考えると直ぐに判る事なんだろうけど、
地球にとって(地球規模・宇宙規模で考えると)、人間の起こしている環境破壊でさえ
ちっちゃなレベルの事だと思う。
地球を人間の大きさに例えると(正確な比率は知りませんが)、
地球に取って人間ってバクテリア以下の小さな存在だろう。
だから、自然を破壊したって、長い地球の歴史からみれば
温暖化であろうが氷河期であろうがびくともしない。
ただ、地球の上で暮させてもらっている人間が地球の環境が変わると生きていけないだけの話しだ。
だから、「地球に優しく」って表現は絶対に正しく無い。
「人類が存続する為に環境を維持しよう」と訂正しないと正確ではない気がする。

人類は自分の事を何様だと思っているのだろう?
恥ずかしい。
環境(自然)を破壊しても、地球にとっては一瞬の事でちっともビクともしない。
たとえ、大気を汚染されたとして、それが地球にとってNGだれあれば、それこそ人間の肺を空気清浄機の代わりに利用して浄化すればいい。
ただ、それだけである。
人間は平均気温が数度変化するだけで死活問題になるだけだ。
そんな存在なのに、何を偉そうに「地球に優しく」って言うのだろう。

理科は決して得意とも言えなかったけど、地球の中身はマグマで液体だったりしている訳で、
地球の表面のごく一部の割合の部分である陸地に住みついているだけの存在が地球での人間の位置づけだ。

地方の田舎の街灯の無いところ≒光害(入力ミスではないです。星を見る時の支障と言う風に理解して下さい)のないところで
星を見上げて目の下の位置にある民家などの風景は意識的にカットして天空に集中すると、
錯覚だけど、自分が宇宙に浮いている感覚になる。
(東京では無理だろうけど、富良野や長野や田舎だったら体験出来る。)
そんな感覚に抱かれていると、地球も宇宙の中のちっちゃな一部で、
そして地球が宇宙に浮いている事自体が不思議になり、
自分も宇宙空間に包まれて行く。
そんな感覚を感じると、普段の悩み事などが本当に小さな事に気付き、
吹っ切れる。

あ~、急に星空を見に行きたくなった。

booKNOWのスタッフと一緒になべちゃんが中心になって都内の公園の光害の少なそうなところを探して星を鑑賞した時があったのだけど、
今度はもっと埼玉の方とか群馬とかに行ってみようかな。
ブログを書いているうちに脱線して脈絡無くなって来て、
その結果無性に星を見たくなってしまった。
だから、今日はもうこれで帰ります(笑)

またまた、kindl4にもスキャン代行にも自炊にも全く関係ありませんでした。
すみません。

暗黒星人の刺身


tanimuraです。

私、どこ県出身とかは言えませんが、郷土愛は強い方です。
いつも故郷をどげんかせんといかんと思っています。

架空の県、ぷりぷり県出身の若者つとむ君が、東京で過激なほど「県」に対する愛を燃やす漫画、「ぷりぷり県」。
吉田戦車の中で一番好きな漫画です。

ぷりぷり県の風土・文化・風習はとても奇抜で素敵なものばかり。

そんなぷりぷり県の特産品を一つ。

暗黒星人
ぷりぷり沿岸によく発見されるが、詳しい生態は不明。生態を調べようとした人の記憶を消すと言われている。食用になり、珍味として人気がある。
暗黒星人

食べ物とは思えない名前とビジュアルですが、読んでくうちにだんだん食べてみたくなる不思議。

スティーブ・ジョブズ氏CEO辞任


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

本日、スティーブ・ジョブズ氏がCEOを辞任したそうです。
今、米Apple社のサイト、非常に繋りにくくなってて「Letter from Steve Jobs」ページにアクセスできません。
有志による日本語訳を読みながら、非常に寂しくなってきました。

私が初めてMacintoshを購入したのは1997年のことです。
「Power Macintosh 4400/200」という機種で、コードネーム「Tanzania」(笑)。
恐らくApple社にとって最悪の時期で、私も何でこんな時期にMacintoshだったのかな?(笑)

もうAppleダメだろう、どこが買収するんだ?
こんな噂が、Macユーザーのコミュニティで毎日流れていた日々でした。
今では想像できないですけど…

スティーブ・ジョブズ氏の電撃復帰、iMacの発売、iTunesとiPod。
Microsoft社との提携!!
あのころのApple、本当にワクワクしました。

「ブルー・ボックス」販売の話。
ジョン・スカリー氏の「砂糖水」の話。
「Stay hungry, stay foolish」と結ばれた、2005年スタンフォード大学の卒業式でのスピーチ。

スティーブ・ジョブズ氏にまつわる伝説の数々。

今はただ、お疲れ様でしたと言いたいです。

岸辺露伴 グッチへ行く


tanimuraです。

8月23日発売の『SPUR(シュプール)』10月号で荒木飛呂彦先生とグッチがコラボした特別読み切り「岸辺露伴 グッチへ行く」ですが、早速読みました。

独特のポージングで有名な氏の作品ですが、今回はファッション誌の付録ということもあり、いつにも増してファッショナブル!
岸辺露伴 グッチへ行く
それでいて奇妙で引きつけられるストーリーは健在で濃密な16ページでした。

そして!
9月17日からは何と「岸辺露伴 グッチへ行く」の原画展がリニューアルするグッチ新宿店で開催だそうです。

ユニクロとかフォーエバー21とかファストファッション系の服しか持ってない私ですが、絶対行くつもりです。

考えが煮詰まる時?


煮詰まる。
最近、誤用されている言葉のひとつである。
弊社(web制作会社)のデザイナーに「いつ完成する?」と質問して
「煮詰まってしまっていい考えが浮かばない」といった事を応える人がいる。
でも、本来は言葉をよくみると判るように
例えば、料理で煮物をしていて、煮詰まって来たら料理が完成する訳だから、
本来の正しい意味は討議・検討が十分になされて、結論が出る段階に近づく事を言う。

これは「行き詰まる」の意味で使われた誤用である。

皆さん行き詰った時は正確に「行き詰る」と使って下さい(笑)。

尚、参考までにですが。
文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、
「7日間に及ぶ議論で、計画が煮詰まった」を、
本来の意味である「(議論や意見が十分に出尽くして)結論の出る状態になること」で使う人が56.7パーセント、
間違った意味「(議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること」で使う人が37.3パーセントという結果が出ている。

以前にも書いたが、言葉は生き物だし、時代とともに変化して行く。
本来の正しい意味を理解したうえで考えて行きたいものだ。

良く使われている間違いに
「役不足」、「確信犯」などもある。これらに関しては次回に書いてみます。
結構間違って使われています。

早くキンドルKindle4やIPADなどの書籍リーダー等に自炊で本を沢山電子化して入れて下さい(笑)。
持ち歩いて電車の時やちょっとした待ち時間など、毎日10分でも本を読むと良いみたいですね。
そんなライフスタイルにbooKNOWが少しでもお役に立てばと思います。
宜しくお願いします。

自炊疲れの時の猫成分


tanimuraです。

スキャンしてばっかりで自炊疲れの体にはやはり猫動画。
猫好き業界からすればちょっと古めの動画になりますが
お母さん猫が子猫をぎゅっと抱きしめる映像です。

子猫の寝姿からお母さんが抱き寄せる仕草まで、全く隙の無い可愛さ濃縮の一品です。

24時間マラソン・人間の歩く速度は4~5キロ程度


24時間マラソン

日テレが好きなせいか、ついつい気になる。
徳光さんも好きなので、やはり気になる。

70歳と言う高齢でのマラソンは凄い。
でも、何年も前からこのマラソンって、走っているっているよりは結構歩いている感じがいつもしていたマラソンだったけど、
今回の徳光さんの回は、その感が著しい。

欽ちゃんの時は70キロのマラソンだったけど、今回は過去最短の63キロだそうだ。
あれ?不動産業界で800メートルが10分。
一時間で4.8キロ。
63キロを4.8キロで割ったら、13時間で歩ける距離だ。
ネットによると、スタートして5時間で4時間の睡眠で、その後二時間ほど休みながら歩き、90分休憩。
殆ど休憩ばかりだったようなので、震災の時の帰宅難民の時を考えると結構5時間以上歩いて帰宅した人もいたので
マラソンと言えるか少し疑問だ。
ま、ケチをつける気は全くない。
「はじめてのおつかい」同様、周囲の暖かい目と周囲の許容する大人の対応が大事だ。
顔のアップを多様すればきっと走っている風に見えるかもしれない。
私は確認していないけど、、、

参考までですが、東京マラソンでは想定の7時間以内に42.125キロのフルマラソンを完走した70代以上のランナーが多数いるそうです。
ギネス記録には92歳の女性の凄い記録もある。

でも、徳光さんは嫌いではない。
「噂のチャンネル」で便座を首にハワイのレイの様にかけられて笑っていた徳光さんが素敵だった。
だから、今回も演じていたのだろう。
最後にこけたのは演技かどうかは触れないで下さい。
私の大好きな徳光さん。
裏側はどんな人でも良いです(笑)好きです。