徒然に、、、


ふと思ったのですが、
賞金の全部を被災地に寄付する大好きなプロゴルファーのI君が無免許状態だったり、
最近ではテレビ業界が誰も文句の言えないJ事務所所属のY君(私より年下だから君でいいでしょう)が「半年間の長期間を無免許で運転」していた。
特にY君の場合はなんのお咎めもなしでテレビに出まくっているらしい。
私達もこれからは運転免許を取らずに半年間程だったら、社会生活に一切支障がない(仕事も辞める必要もない)ので、ドンドン無免許で運転しましょう!
万一、見つかったら、神妙な顔をして10秒程お詫びしましょう!
Y君の例で証明されています。もし、Y君以外の人だけ特別に罰せらたら、みんなで文句を言いましょう!
でも、事故を起こしたら、全く無関係な人さまを傷つけたりする可能性もありますので、社会的な責任と法的な責任は取る必要があります。
ですので注意してください。
事故さえ起こさなければ問題なさそうです。
だから、みなさん。無免許で運転してもY君の様に仕事を続けれます。
一言お詫びしたら、普段の仕事に5秒で継続し続けれます!
(【注意】;上記の表現はアイロニーの精神での皮肉です。決して無免許を勧めていません。ですので、反面教師として判断してください)

でも、引退した元漫才師の人と比較すると、元漫才師は今のところ法律違反は発覚していない。
けど、言い逃れすると会社自体の存続が危うくなる程の事実があるので、トカゲの尻尾の役割を担ったのかもしれないですね。
Y君は立派に法律を破り、元漫才師は法律を現在のところ破ってはいない。

芸能界では、そもそも「やくざ」さんと付き合ってはいけないらしい。
それは何故だろう?
芸能人の業務内容として、テレビ出演等での社会に対する影響力の大きさを考慮すると、
「反社会的」な団体を間接的に許容する事に繋がるなど、色々ある様だ。
だから、影響力などを考えると一般人より厳しくするのは当たり前らしい。
紳助さんが「なんで?この程度で?」と思う位の事で引退に追い込まれるらしい。
一部には、「かなりズブズブの関係だった」とするマスコミもある。

だから、テレビに出る芸能関係者は自分の社会に与える影響力を考えると、一般人以上に注意しないと芸能人としての資格に欠ける。
当然、責任もそれなりに重くなるのではないでしょうか?
犯罪の例で、よく業務上●●とか、ありますよね。
「業務上」って「業務上必要な注意」の事ですが、上記の様な事とは直接には関係ないですが、考え方の根幹にあるものとしては「似たような考え方」が出来るかもしれないですね。

このような芸能人の社会的な影響力(テレビのチカラによるところが大きいですね)を考えると、
ある特定の宗教法人の広告等として沢山の芸能人がテレビに出ているのも正直ちょっと怖い、、、
別に彼らが決して「無免許を勧めている」訳でもないですし、「反社会的な団体」を容認しているわけでもないですが、
将来、一斉に特定の宗教をテレビで布教しだしたら、ちょっと恐ろしい。
同じ危うさを感じてしまっているのは正直な気持ちです。

でも、決して「信心する心」を否定しませんし、「宗教心」も大事だと思います。
上手く表現する事は難しいですが、
例えば、「民主主義」って事を考えた場合、必ずしも「多数決」が正しいとは言えません。
明日の大多数になるかもしれない「少数」を尊重する考え方が「本当の民主主義」かもしれません。
数の原理が決して正しい正義ではないと思えます。
そして、誰もが思った事を自由に考えたり話したり出来る社会。
「不本意な事をされない」こと。
やはり、大事ですよね。

とここまで、書いて昨日の反省が全く活かされていない事に気付きました。
最近、嫌な事が多くて、愚痴ってしまいがちです。

ちょっと、反省して話しを代えて、
脈絡は全くないですが、

いきなり、エジソンの話しですが、
エジソンの名言「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」は誤訳されているって知ってました?
今までは、努力する事が大事であって、天賦の天才的な要素と言うのは僅かな1%程度だよ。って思われていた。
だから、みんな努力する事が大事だよ。って思っていた筈だ。
少なくとも私はそう思っていた。

でも、本当の正しい意図は
「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」という事だった。
後に勝手に変えられて来たそうです。

う~ん。でも、この正しい意味の方が良く判る気がする。
やっぱり、そうだよな~。
だからこそ、天才なんだよね。
努力を積み重ねてもそれだけでは何にもならない!
「ヒラメキ」が必要であり、それで完成するのだろう。

食べ物と同じ様に詰め込んだ知識や実験等で得た結果などは消化にある程度時間が掛かる。
(自分は天才でないけど、考え尽くしてから、それから歩いている時に良いアイディアがよく浮かぶ)
消化する時に瞬間に「ひらめく」のだろう。
(閃き;1 一瞬するどく光ること。「ストロボの―」 2 ひらひらと揺れ動くこと。「旗の―」 3 すばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと。直感的な鋭さ。「天才的な―のある作品」 、瞬間的にかなり強い光がきらめくこと。また、その光。など)

努力も絶対的に必要だけど、ヒラメク能力も育てねば!って思いました。今回もまた、自炊支援や電子書籍化支援、スキャン代行に関係ない話しですみませんでした。明日こそ、楽しい話しを書きますね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ