溝口発の真っ赤なヒーロー


tanimuraです。

「天体戦士サンレッド」の13巻が出てました。

「天体戦士サンレッド」は川崎県川崎市溝口を舞台に
悪の組織フロシャイムの川崎支部とサンレッドの戦いとその他を描いた作品です。
戦うと言ってもサンレッドが一方的にワンパンチで終わらせるのでほとんどその描写はなく、「その他」にえらい比重を置いてます。
怪人同士で熱海に言った話とか、
いつも後輩怪人をいじめてる先輩怪人が、後輩怪人が里帰りするときに「両親に何か買え」とお小遣い渡す話とか、
怪人が「昔はワルかったな~話」をする話とか、
怪人が生魚にあたった話とか、
基本的に怪人メインの話です。

ちなみに来年2月25日に発売される14巻は特装版が用意されておりアニマルソルジャーマスコット付きだそうです。またしても怪人。でもかわいい。

受注生産ですので10月10日までに予約しないといけないんですって。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ