うすた語録


tanimuraです。

ジャンプのギャグマンガの歴史を「すごいよ!!マサルさん」以前と以後に分けたと言われるうすた京介。

映画化、アニメ化もされた彼の代表作「ピューと吹く!ジャガー」の2巻より。
好きな女性に告白できないハマーさんを励ますシーンで。

自身を持て
男は中身だぞ!

外見の良さが中身にも出るのさ・・・

だから最終的には外見なんだよね結局!

励ます気ゼロ!
でも言ってる事は納得行くような気がして
妙に心に残る一言です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ