電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待して!!(1)


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

とある雑誌に掲載されていた「漫画作品が勝手にスキャンされている!!」という記事を興味深く読みました。2011年9月5日、出版七社連絡会事務局殿の質問状への回答をサイト上に公開した際、booKNOWとして以下のコメントを掲載しました。

出版七社連絡会事務局殿の提起を受け、電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、弊社の回答内容を公開いたします。

電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、その記事を読んで思ったことなどをつらつら書いてみたいと思います。

1冊のコミックスが生み出されるまでには漫画家の努力はもちろん、たくさんの人間の協力が必要です。(引用)

具体的な社名や雑誌名は紹介いたしませんが、2008年にカラー原画紛失問題で漫画家に提訴されていた出版社です。また敬愛する赤塚不二夫先生の「レッツラゴン」に登場する名物キャラクター「武居記者」の所属会社です。漫画というメディアにとって「功罪相半ばする」存在であるところの当事者が、わざわざ自社名を掲げて、こういう文章を発表することの意義は非常に大きいと感じました。

「武居記者」こと武居俊樹氏には「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」という著書があります。私の大好きな本のひとつで時々読みかえします。武居氏の編集と漫画家との共闘という他には得難い経験が非常にうらやましく、時に爆笑、時に涙。全てキレイゴトではありませんが、これは出版社と漫画家との「功」の部分に属するお話ですね。

一方、原画紛失問題をきっかけに漫画家から「絶縁」まで宣告され、世間に負の印象を与えた例の訴訟の件。当時、このニュースを聞き、非常に心が痛んだ記憶があります。これは「罪」の部分に属するお話。

今回この記事が雑誌に掲載されたことについて、「罪」の部分を棚上げされず、「功」の部分から書かれたものと信じたい!! と思わずにはいられません。それは「祈り」にも似た気持ちです。

「自炊」については、電子書籍を広めるための一つの側面にすぎず、面倒な労力と時間とお金をかけずとも、簡単に入手できる流通体制ができてくれれば、その歴史的役割を終え消えていく存在だと思います。そういう意味では、この記事の趣旨に賛同します。

出版社は、漫画家に十分な収益を還元していくことを大前提として、漫画をいろいろなデジタルデバイスで読者に提供する努力をしています。(引用)

…と言ってますけど、正直、まだまだ努力が足りていませんよ。
9月28日、Amazon.com プレスカンファレンスでジェフ・ベゾス氏が行ったKindle Touchのプレゼンを見て、正直どう思っているのかお聞きしたいです。
どうぞ、その努力を向ける方向を間違わないように気をつけてください。

努力が実り「自炊」などという過渡期の産物が、歴史のくず籠のかなぐり捨てられる日が一日も来てほしいと願っています。電子書籍があたりまえに流通し、紙と電子との間で棲み分けが完了することで「自炊」は淘汰されていくことと思います。

とりあえず、今晩はここまで。

電子版ファミ通


tanimuraです。

『週刊ファミ通』の電子版の販売がスタートしたようです。

本誌発売翌日の毎週金曜日に配信、一部の付録・記事は除かれるそうです。

電子版の独自の特徴としては、専用の目次ページを新設されたことと、発売後3ヵ月間はバックナンバーが読めるというのがあるのですが、翌日配信なうえ、掲載されない記事があるとなるとちょっと微妙かも知れません。

磯野波平さん意外とデカイ


tanimuraです。

サザエさんが実は24歳、とういうのは結構前から知られていてサザエさんの年齢を超えたときは感慨深いものがありました。

そしてここ最近、磯野家の慎重が判明して話題になっています。
磯野波平 178センチ
フグ田マスオ 173センチ
フグ田サザエ 159センチ
磯野フネ 158センチ
磯野カツオ 143センチ

以外にもマスオさんを抜いて波平さんがトップ。
巨大な頭部のせいで頭身が低いこともあり意外な数字です。
ちなみに178センチといえばマツコ・デラックスさんと同じだそうです。

ゴクウ物語・・・・・


tanimuraです。

DRAGON BALLのタイトルは最初「ゴクウ物語」だったそうで、当時の編集者が「タイトルに『ん』を付けないとヒットしないぞ!!」 という謎アドバイスでDRAGON BALLになったそうです。

『ん』の付く作品と言ったら、

  • 聖闘士星矢
  • キン肉マン
  • シティーハンター
  • スラムダンク
  • キャプテン翼
  • 北斗の拳
  • ハンター×ハンター

確かにいっぱいありますね。

まあ、

  • ろくでなしBLUES
  • 幽☆遊☆白書
  • みどりのマキバオー
  • 遊☆戯☆王
  • ヒカルの碁
  • NARUTO

はどうなるんだって話ですけどね。

浅草豆かん


tanimuraです。

今日ラジオで「孤独のグルメ」の作者久住昌之さんが出てました。
グルメ漫画の作者ということで浅草の飲食店を紹介しており、老舗の甘味屋の話も出てきました。

梅むらという老舗甘味屋のお勧め豆かん。
豆と寒天と黒蜜だけのシンプル料理です。豆がとてもふっくらして美味しいそうです。

ん・・どこかで聞いた話です。もしかしてここって、


やっぱり孤独のグルメでごろーちゃんの行ったところでした!
モデルにしたとのことですが、再現度の高いこと。

実写版テルマエ・ロマエ


tanimuraです。

風呂漫画(そんなジャンルがあるか知りませんが)の金字塔「テルマエ・ロマエ」が阿部寛主演で映画化されるという話は以前からありましたが、その他のキャストも発表されました。

第14代ローマ皇帝・ハドリアヌス役を市村正親が、次期ローマ皇帝候補・ケイオニウス役を北村一輝が、ハドリアヌス帝の側近・アントニヌス役を宍戸開だそうです。
古代ローマの話を日本人ばかりのキャストで大丈夫?と心配してましたが、

納得の濃さ!
宍戸開とかいい顔してますね。むしろ見たくなってきました。

絶望先生のネタかぶりとその対応


tanimuraです。

マガジンで連載中の『絶望先生』268話が単行本未収録となりました。

その訳は偶然使用したネタがドラえもんのある話と酷似し過ぎていたこと。
『絶望先生』の作者、久米田康治はパクリではないものの、酷似してしまったことは認め、単行本収録を見送り、小学館に経緯説明書や該当箇所に印をつけたなどの資料まで送りました。

そこでの小学館側の対応もまた大人です。

「(略)・・・ドラえもんが久米田先生の血となり肉となっていて、記憶の奥底にあったのかもしれませんが、それは光栄なことです。・・・(略)」

ちなみに問題の画像。

CLAMP電子書籍化


tanimuraです。

講談社から出版されたCLAMPの作品が電子書籍化される様です。
第1弾として「魔法騎士レイアース」と「カードキャプターさくら」の2作品。

私が中学生ぐらいだったでしょうか、「魔法騎士レイアース」がなかよしで連載されていたのは。
少女漫画では初の巨大ロボットの出る作品で毎月楽しみに読んでました。
妹がなかよしを買ってきて、それを読み終わるのを今か今かと待ってハァハァする兄はさぞアレだったでしょう。申し訳ない。

進撃の巨人が映画化


諫山創「進撃の巨人」が2013年秋、映画化が決定したそうです。

作中に出てくる巨人と言えば知能は無く、ただ無慈悲に人を食べるだけの存在として描かれています。

その不気味さとして、アンバランスな体型も一つの要素だと思うのですが、作者の微妙な画力あっての賜物ということも否めません。
映画のスクリーンでその辺は表現できるんでしょうか。

実写かアニメ化も決まってないとのことですが、実写だったら尚更どうなるんだろう…。
↓こいつの役だったら自分出来そうです。お腹周りとか特に。

今月のテニスの王子様


tanimuraです。

連載当初こそ多少アクロバティックだったりするものの普通のテニス漫画だった「テニスの王子様」。
回を重ねるごとに分身したりと超能力じみた技を使うようになってきました。
でも、それでも一応はテニスはしてたのです。

今月のテニスの王子様より。
必殺技をコートではなくなぜか相手の腹部めがけて放ち、少しもダメージを受けてない相手に「これでも駄目なのか・・・」と絶望するシーン。

テニスって相手めがけてボールを打ってダメージを与え合うスポーツでしたっけ?