空が灰色だから


「うまくいかない人々」の日常を描くオムニバス集。
可愛い絵柄とは裏腹に、ダークサイドなオチで締めくくる話もあれば、
コミカルな台詞回しで笑わせる話もあれば泣ける話ありと、振り幅のものすごい作品です。
一貫しているのが「うまくいかない人々」であること。
毎回救いのある話ばかりではないけれど、心地よいしこりを読後に残してくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ