光速ライダーマッハ涼


バイクの事なんて
何もしらねえ
興味もねえ
そんな一匹の狼が
己の勘だけを頼りに
描きあげた
バイクとスピードに
魅入られた
漢たちの熱き魂の物語

ギャグマンガ日和に収録されている
ヨーロッパから取り寄せてハンドルとか後輪の前のごちゃごちゃした所とかすごい改造を施したマシンで、ものすごく斜めになりながらカーブを曲がるバイク漫画です。

シメのマッハ涼の台詞が何気にいいです。
「走り屋はいわばマンガ家と同じ・・・
必要なのは知識やテクニックじゃない。思い切ってやってみる勇気だってことをな」

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ