マカロニほうれん荘


1970年代後半を代表するギャグ漫画『マカロニほうれん荘』。

リアルタイムではなく結構時間がたってから読む機会がありました。
最初は世代のギャップからか、ギャグに全く着いていけなかったのですが、
とてつもないスピードのギャグ展開の中にも、普遍的な「間」のようなものがあり、
いつのまにかトシちゃんとキンドーさんの虜になってました。
当時は革命的な漫画だったと聞いており、もちろん今でも新鮮な部分はあるのですが、
結構現在のギャグ漫画の基礎になってる部分も多いのではないでしょうか。
あと扉のページがCDジャケットみたいでおしゃれです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ