ファミ通のアレ(仮題)


相原コージとコンビを組んで『サルでも描けるまんが教室』
通称『サルまん』を連載していた竹熊健太郎が、
次にコンビを組んだのはデビュー間もない羽生生純でした。

ファミコン通信のカラーページに突如として連載が始まり、
1話目では正式なタイトルが決まらず、2話目でも決まって無いので
「ファミ通のアレ(仮題)とお呼び下さい。」とアナウンスがあったものの、
そのまま最終回まで『「ファミ通のアレ(仮題)』のままでした。

竹熊さんの原作もいいのですが、羽生生純の作画も素晴らしいですね。
どうやったらこんな物凄い色遣いが出来るんだろう・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ