リベロの武田


Jリーグが開幕する少し前、ジャンプで連載されてたサッカー漫画です。
作者はプロレス「THE MOMOTAROH」に続きジャンプで2作目。
「THE MOMOTAROH」同様、超人的な試合内容と、高密度のギャグがブレンドされた作品です。

基本的に戦術やパス回しなどより、如何に強いシュートを打つかが決め手となる少年漫画のサッカーにおいて、リベロの武田の必殺シュートはなかなか魅力的でした。
何かに集中して脳からアルファ波を出すことにより云々・・・と言う感じで、
当時の子供は「出来るかも!?」と淡く期待したものです。
あと、「苦くてなんぼ!×3 苦くてなんぼのコーヒー豆!」っていうギャグが好きだったのですが、今思い出しても何が面白かったのか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ