ガガスバンダス


小学生の女の子が3人で帰り道、
「じゃあさ、ガガスバンダスってみんなもやってるでしょ」
「ああガガスバンダスねー」

でも3人のうち1人は「ガガスバンダス」が分からないので
見栄を張るのです。

どうやらAでBを炊く、というのが「ガガスバンダス」の基本らしいです。
「好きな人の笑顔」を「少女の残酷な裏切り」で炊いたりするらしいのですが、
何が何やら・・・・。

「ガガスバンダス」という言葉も謎ですが、この話自体
同じ場面がループしたかと思えば、見栄を張る子のランドセルに書いてる
名前が変わったりと、意図が不明な演出もあり、
何もかもが分からないまま物語は終わります。

私もやってみようかな、「ガガスバンダス」。
「優しいおばあちゃん」を「思い出のランドセル」で炊くと
ガガスバンダス廃人らしいですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ