それは私のおいなりさんだ


1992年から93年までわずか1年間。コミックスにして6巻という短い連載期間にも関わらず、連載終了からすでに20年近く経た今でも語り継がれる作品があります。
そんな伝説の漫画が実写映画化されるという噂がここにきて急浮上しました。

噂の発端はヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの上映前に流れた予告編の映像。
夜のビルの上で全裸に近い際どい衣装を身に纏った男性と、そして「HK」のタイトルロゴ。

これはもうあのヒーローが帰ってくると思っていいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ