Dioの乗馬テクニック


ジョジョ第7部『スティール・ボール・ラン』は19世紀末、アメリカが舞台の”北アメリカ大陸横断レース”を描いた物語です。
例外はありますが参加者は乗馬でレースを行うので、手に汗握る乗馬テクニックの応酬が見どころの一つです。
ただ、「レース中、個々の馬のクセを読みとり、そこを攻撃すれば、
どんなスタミナの馬だろうと、抜く事は可能!」
とか言って、他の馬がクセが出てスピードが落ちた瞬間だけ加速していつの間にか追い抜いてたりするのですが・・・。
何というか・・・未だに微妙に納得がいかないというか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ