DRAGONBALL EVOLUTION


ドラゴンボールの18年ぶりとなる劇場版「ドラゴンボールZ 神と神」が公開中ですが、パンフレットに原作者である鳥山明のコメントがありました。

「たぶんダメだろうな」と予想していたら本当にダメだった某国の実写映画と大違いです。さすが日本のアニメーションは優秀なんですね!

明言してませんが確実にあの映画のことですね。

「某国の実写映画」公開時のオフィシャルトレーラーでも、納得いかないながらも精一杯の大人の対応をしたであろうことが窺い知れるコメントを寄せていました。

脚本やキャラクター造りは原作者としては「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません。もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ