マロンケーキの牛肉の薄切り包み


「ミスター味っ子」といえば、コミックよりもアニメで見せる大きなリアクションで有名かと思います。
口から怪光線を吐く、巨大化するなど、リアクションと呼ぶにはあまりにも派手な演出は、料理の感動を表現できてるかどうかなんて些細なことに思えるほど、一つの様式美を作り上げました。
リアクションに反して、料理や調理技術は現実的で、味も想像しやすく、そのバランスが良かったのでしょう。
ただ、「マロンケーキの牛肉の薄切り包み」だけは何か異彩を放っており、別の意味で味を知りたくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ