ナメック星編の三すくみ


ドラゴンボール内のエピソードでも、特に人気の高い「ナメック星編」。
フリーザが3回も変身したり、何より悟空がスーパーサイヤ人になったこともあり強烈なインパクトがあります。

あまりスポットが当たらないのですが、フリーザとの直接対決に入るまでの流れもかなりの完成度です。
主人公サイド、べジータ、フリーザ一味の三者が入り乱れたドラゴンボール争奪戦はかなり手に汗握ります。
主人公サイドが圧倒的に弱いので、正確には三すくみにはならないのですが、それはそれでハラハラするのでいいですね。
読むたびに新鮮で、最近はフリーザ側の立場になってべジータや地球人にイライラしながら読むのにはまってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TrackBack URL :

コメントをどうぞ