電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待して!!(1)


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

とある雑誌に掲載されていた「漫画作品が勝手にスキャンされている!!」という記事を興味深く読みました。2011年9月5日、出版七社連絡会事務局殿の質問状への回答をサイト上に公開した際、booKNOWとして以下のコメントを掲載しました。

出版七社連絡会事務局殿の提起を受け、電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、弊社の回答内容を公開いたします。

電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、その記事を読んで思ったことなどをつらつら書いてみたいと思います。

1冊のコミックスが生み出されるまでには漫画家の努力はもちろん、たくさんの人間の協力が必要です。(引用)

具体的な社名や雑誌名は紹介いたしませんが、2008年にカラー原画紛失問題で漫画家に提訴されていた出版社です。また敬愛する赤塚不二夫先生の「レッツラゴン」に登場する名物キャラクター「武居記者」の所属会社です。漫画というメディアにとって「功罪相半ばする」存在であるところの当事者が、わざわざ自社名を掲げて、こういう文章を発表することの意義は非常に大きいと感じました。

「武居記者」こと武居俊樹氏には「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」という著書があります。私の大好きな本のひとつで時々読みかえします。武居氏の編集と漫画家との共闘という他には得難い経験が非常にうらやましく、時に爆笑、時に涙。全てキレイゴトではありませんが、これは出版社と漫画家との「功」の部分に属するお話ですね。

一方、原画紛失問題をきっかけに漫画家から「絶縁」まで宣告され、世間に負の印象を与えた例の訴訟の件。当時、このニュースを聞き、非常に心が痛んだ記憶があります。これは「罪」の部分に属するお話。

今回この記事が雑誌に掲載されたことについて、「罪」の部分を棚上げされず、「功」の部分から書かれたものと信じたい!! と思わずにはいられません。それは「祈り」にも似た気持ちです。

「自炊」については、電子書籍を広めるための一つの側面にすぎず、面倒な労力と時間とお金をかけずとも、簡単に入手できる流通体制ができてくれれば、その歴史的役割を終え消えていく存在だと思います。そういう意味では、この記事の趣旨に賛同します。

出版社は、漫画家に十分な収益を還元していくことを大前提として、漫画をいろいろなデジタルデバイスで読者に提供する努力をしています。(引用)

…と言ってますけど、正直、まだまだ努力が足りていませんよ。
9月28日、Amazon.com プレスカンファレンスでジェフ・ベゾス氏が行ったKindle Touchのプレゼンを見て、正直どう思っているのかお聞きしたいです。
どうぞ、その努力を向ける方向を間違わないように気をつけてください。

努力が実り「自炊」などという過渡期の産物が、歴史のくず籠のかなぐり捨てられる日が一日も来てほしいと願っています。電子書籍があたりまえに流通し、紙と電子との間で棲み分けが完了することで「自炊」は淘汰されていくことと思います。

とりあえず、今晩はここまで。

これはパイプではない

ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

新KindleをめぐるAmazonの衝撃のアナウンスから丸一日経過しようとしてます。
いろいろな人が、いろいろな切り口で、いろいろな事言ってます。
私自身も興奮覚めやらぬ状態で、思わずKindle4ポチってしまいました、ハハハ。
到着し次第、レビューしますので、お楽しみに。

そしてSONYからも、新ReaderのWiFiモデル「PRS-T1」、3G/Wi-Fiモデル「PRS-G1」についてアナウンスがありました。
来月そうそうAppleは、iPhone5を発表するそうですし、ホットな話題が続きそうです。

だからこそ、より一層、電子書籍をめぐるこの温度差って何だろうなと、考えてしまいます。
読書人口が低下しているとか、最近の人は読書をしないとか、よく聞きます。
紙だろうが、デジタルだろうが、本自体が売れないんじゃ、電子書籍の普及どころじゃない。
実際どうなんでしょうか。

昨日、帰宅時の電車の中、向かい側の座席に読書をしている女子高生がいました。
眼球が上下によく動き、熱心に活字を追っている。
楽しそうに微笑を浮べながら、ページをめくっているのです。
なんだかちょっと目が離せなくなるような印象的な雰囲気です。
何読んでいるのか気になって表紙を見たら「風と共に去りぬ」ですよ!!

私も高校生の時、読みました。
スカーレット、バトラー船長、大好き。楽しかった。感動した。
この子は今、どのシーンを読んで、こんな表情しているのかな。
あのスカーレットの有名な台詞をどんな表情で読むのかな。

読書の習慣を持たない人、活字中毒の人、いろいろな人がいます。
私の友人でも、ハメットやチャンドラーについて語れるハードボイルド好きな人、
ジャック・ヒギンズについて語れる冒険小説好きな人、
スカイラークシリーズやライトノベルについて語るSF好き。
日本の純文学や近代文学について語れる人、いろいろな人がいます。
活字を見ると睡魔に襲われるから読書したことないという人もいます。

最近新しく出会って話すことができた人。
好きな本について熱心に語る人もいれば、全く読書に興味なしの人もいます。
読書について話ができる人が減ったとか、あまり感じることもなく、
その比率も昔とあんまり変らない気がしています。

電子書籍の普及によって、この辺りの事情が、どう変化するのか、しないのか。
私がKindle3を入手して来月で一年になります。紙の書籍は相変わらず購入してますが、持ち歩くことが皆無になりました。
すぐ読みたい本は、小説だろうが漫画だろうが、購入してすぐにPDF化してKindle3に入れてしまいます。
読書量は、近年にないほど、確実に増えています。
大きな変化ではありませんが、生活スタイルは確実に変化しています。快適な方に。

まとまりがなくなってきました。
このブログを始める時、「本」の持っている力を信じているって書きました。
それは紙だろうが、デジタルだろうが、形は関係ないって思います。

余談ですが「文学少女」シリーズの天野遠子先輩ならば、「本」がデジタルってありえないのかな?

自炊の原点にたちかえってみた一日


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

23:27現在、クーラー未使用で室温28度(笑)。
今夜は蝉も鳴いていないので、すっかり夏が終っちまった感じがします。

今日は自宅にこもって画像補正処理の見直しをしてました。
定番ツールのマニュアルを改めて読みかえしてみたり、
未使用だったツールを使ってみたり、いろいろと発見がありました。

そういえば、個人的に自炊を始めてちょうど一年ぐらい経ちました。
ScanSnapを購入してネットで先達の自炊に関するノウハウ情報を集めながら始めたんだな。
そんなことをちょっと思い出しました。

日焼けした書籍の黄ばんだ紙のスキャンデータ。
何もノウハウがないころ、ホントに悩みました。
これ、どうしようもないのかなぁ、って。

レッドチャンネルを抽出し、グレースケール化。
これ、どんなツールを使って、どういう手順でやるのかな?
試行錯誤の日々が続きました。

で、どうにかなった瞬間が訪ずれました。
本当綺麗に漂白化され、活字がくっきり。
ネットに蓄積されたノウハウはすごいなぁと思いました。

booKNOWでは「自炊支援」サービスを提供できればなぁという思いがあります。
これから電子書籍を楽しむために「自炊」を始めようと考えている人たちの助けになりたいと思っています。
例えば「日焼けした書籍の黄ばみをどうやって漂白化するのか」みたいなテーマを、
掘り下げてノウハウを整理して共有するっていうのも、案外よいかもとか思いました。

近々そういうコーナーを独立させて作ろうと思います。
取り上げてほしいテーマとかあれば、気軽にコメント下さい。

アンドロイドは電子書籍の夢を見るか?


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

えっと、ネタ探しのためネットサーフィン(死語)していました。
非常に興味深いテキストを見つけましたのでご紹介いたします。

マガジン航: 新潮社の「電子書籍基本宣言」に思うこと

テキストの趣旨は…

  • 新潮社さんの「電子書籍基本宣言」が、アシモフの「ロボット三原則」に内容がクリソツ。
  • ロボットに対し「三原則」が求められたのは、人間に対し反乱を起すような事態が懸念されたから。
  • 「電子書籍基本宣言」が「ロボット三原則」に似ているって、そのココロとは?
  • 大手出版社さんが「人間vsロボット」的な発想で「書籍vs電子書籍」を語るってどーよ?

興味をもたれた方は、ぜひ実際のテキストをお読みください。

んで、テキストの締めに「角川文庫発刊に際して」という
戦後直後に書かれたもう一つの「宣言」が対比として紹介されています。
この文章自体は角川書店の出版物には必ず載っているもので、
それこそ「涼宮ハルヒ」シリーズの巻末にだって載っているものです。
…これが、実に渋い。

今改めて読んでみたのですが、逆境こそチャンス、
負けずに立ちあがっていくぞというパトスに溢れた「宣言」なのです。

今回たまたま見つけたテキストでしたが、いろいろな話に波及できそうでいて、
自分自身ちょっと消化不良気味。
今後もちょこちょこ話題にしていきたいと思います。

ムダ毛処理と電子書籍リーダー


tanimuraです。
そんなに生える方では無いのですが、定期的に髭を処理しています。
一週間に一度ほど毛抜きで間引いたり、小さいハサミでカットしたりです。

毛抜き派の人間にとって気を使うのが肌のケア。
短い毛をつかもうとして、何度も皮膚を毛抜きの先端で傷つけてしまいます。

人にやさしい毛抜き、それがNOOKです。

毛抜きの新しい形 NOOK(ヌーク)
nook
見た目もかわいらしく、持ち運びやすいデザインですね。

  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • 持ち運びやすい
  • いつでも楽しめる(ただそれが読書と毛抜きの違い)

電子書籍リーダーのNookとも共通点ありませんか?
ありませんよね。すみません。