電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待して!!(1)


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

とある雑誌に掲載されていた「漫画作品が勝手にスキャンされている!!」という記事を興味深く読みました。2011年9月5日、出版七社連絡会事務局殿の質問状への回答をサイト上に公開した際、booKNOWとして以下のコメントを掲載しました。

出版七社連絡会事務局殿の提起を受け、電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、弊社の回答内容を公開いたします。

電子書籍に関する議論がオープンな場で深まることを期待し、その記事を読んで思ったことなどをつらつら書いてみたいと思います。

1冊のコミックスが生み出されるまでには漫画家の努力はもちろん、たくさんの人間の協力が必要です。(引用)

具体的な社名や雑誌名は紹介いたしませんが、2008年にカラー原画紛失問題で漫画家に提訴されていた出版社です。また敬愛する赤塚不二夫先生の「レッツラゴン」に登場する名物キャラクター「武居記者」の所属会社です。漫画というメディアにとって「功罪相半ばする」存在であるところの当事者が、わざわざ自社名を掲げて、こういう文章を発表することの意義は非常に大きいと感じました。

「武居記者」こと武居俊樹氏には「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」という著書があります。私の大好きな本のひとつで時々読みかえします。武居氏の編集と漫画家との共闘という他には得難い経験が非常にうらやましく、時に爆笑、時に涙。全てキレイゴトではありませんが、これは出版社と漫画家との「功」の部分に属するお話ですね。

一方、原画紛失問題をきっかけに漫画家から「絶縁」まで宣告され、世間に負の印象を与えた例の訴訟の件。当時、このニュースを聞き、非常に心が痛んだ記憶があります。これは「罪」の部分に属するお話。

今回この記事が雑誌に掲載されたことについて、「罪」の部分を棚上げされず、「功」の部分から書かれたものと信じたい!! と思わずにはいられません。それは「祈り」にも似た気持ちです。

「自炊」については、電子書籍を広めるための一つの側面にすぎず、面倒な労力と時間とお金をかけずとも、簡単に入手できる流通体制ができてくれれば、その歴史的役割を終え消えていく存在だと思います。そういう意味では、この記事の趣旨に賛同します。

出版社は、漫画家に十分な収益を還元していくことを大前提として、漫画をいろいろなデジタルデバイスで読者に提供する努力をしています。(引用)

…と言ってますけど、正直、まだまだ努力が足りていませんよ。
9月28日、Amazon.com プレスカンファレンスでジェフ・ベゾス氏が行ったKindle Touchのプレゼンを見て、正直どう思っているのかお聞きしたいです。
どうぞ、その努力を向ける方向を間違わないように気をつけてください。

努力が実り「自炊」などという過渡期の産物が、歴史のくず籠のかなぐり捨てられる日が一日も来てほしいと願っています。電子書籍があたりまえに流通し、紙と電子との間で棲み分けが完了することで「自炊」は淘汰されていくことと思います。

とりあえず、今晩はここまで。

他の電子書籍リーダーと比較してみました!!


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

今日は一日中雨。室温21度、ちょっと肌寒いです。
残念ながら、今日は昼も夜もウォーキングできませんでした。
雨自体は嫌いじゃないんですけどねえ…

外出できないので今晩はKindle4を少しいじっています。
せっかくなんでKindle4を他の電子書籍リーダーと比較してみました。

先代Kindle3との比較です。


SONY Readerとの比較です。


先代Kindle3と比べあきらかに小さいです。
SONY Readerとは、ほぼ同じ大きさです。
手にとると分りますが、Kindle4の方が薄いです。

次に重さを計ってみます。

Kindle3: 222.0g


Kindle4: 168.0g


SONY Reader: 209.0g


Kindle3 > SONY Reader > Kindle4の順になりました。

あと気がついた点を2、3ばかりあげます。

昨日も少し書きましたがKindle4の方がページ送りや動作が明らかに早くなっています。
また、物理的なキーボードがなくなり、ボタン回りがすっきり使いやすくなりました。

ファームウェアのバージョンが3.1から4.0になっています。
※Amazon.comのKindleサイトを確認すると4.01がダウンロードできるようになってますが、これは何?

あと先代まで賛否両論だったスクリーンセイバーが大幅に変更されています。
ある意味気持ち悪さ倍増しているような(笑)。私は前の方が好きでした。

先代のKindle3は個人的に思い入れがあるし大好きなリーダーですが、無条件で他人に勧めづらい部分がありました。
Kindle4になって、お値段的にも、スペック的にも、機能的にも、これだったらお勧めできるかな。

Kindle4受けとりましたよ~!!




ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

先程、夜間ウォーキングから帰ってきました。
一時間弱ぐらい近所を一回りしてくるのですが、この一時が非常に楽しいです。

…それはさておき、ようやくKindle4受けとりました。
まだ、それほど触っていませんが、非常にいいかんじです。
Kindle3と比較して、キーボード部分がなくなった分、コンパクトで軽くなりました。
ページめくりも結構早くなっています。

週末にはいろいろ触ってレビュー記事書きたいと思います。

とりあえず、何か一冊本を読んでみなくちゃ。

Kindle4届きました!!


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

昨日10月3日(土)の午前中、Kindle4届きました、って早ッ!!
…しかし残念ながら外出していて受けとれず、痛恨。
明日、DHLに電話して受取手段を相談します。

ちょっと遅くなりましたが、今回発表された新Kindleのまとめです。
今回の目玉である「Kindle Fire」については、日本への送付はNGみたいです。
残りのラインナップについては、広告なしモデルのみ購入可になります。

各機体のスペックはAmazon.comサイトに公表されています。
Kindle Keyboard with Wi-Fi, 6″ E Ink Display

・Kindle Touch 99ドル (日本では広告なし139ドルのみ購入可)
・Kindle Touch 3G 149ドル (日本では広告なし189ドルのみ購入可)
・Kindle4 79ドル (日本では広告なし109ドルのみ購入可)
・Kindle Fire 199ドル (現時点で日本での購入不可)

とりあえずKindle4届き次第、レビューしたいと思います。

これはパイプではない

ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

新KindleをめぐるAmazonの衝撃のアナウンスから丸一日経過しようとしてます。
いろいろな人が、いろいろな切り口で、いろいろな事言ってます。
私自身も興奮覚めやらぬ状態で、思わずKindle4ポチってしまいました、ハハハ。
到着し次第、レビューしますので、お楽しみに。

そしてSONYからも、新ReaderのWiFiモデル「PRS-T1」、3G/Wi-Fiモデル「PRS-G1」についてアナウンスがありました。
来月そうそうAppleは、iPhone5を発表するそうですし、ホットな話題が続きそうです。

だからこそ、より一層、電子書籍をめぐるこの温度差って何だろうなと、考えてしまいます。
読書人口が低下しているとか、最近の人は読書をしないとか、よく聞きます。
紙だろうが、デジタルだろうが、本自体が売れないんじゃ、電子書籍の普及どころじゃない。
実際どうなんでしょうか。

昨日、帰宅時の電車の中、向かい側の座席に読書をしている女子高生がいました。
眼球が上下によく動き、熱心に活字を追っている。
楽しそうに微笑を浮べながら、ページをめくっているのです。
なんだかちょっと目が離せなくなるような印象的な雰囲気です。
何読んでいるのか気になって表紙を見たら「風と共に去りぬ」ですよ!!

私も高校生の時、読みました。
スカーレット、バトラー船長、大好き。楽しかった。感動した。
この子は今、どのシーンを読んで、こんな表情しているのかな。
あのスカーレットの有名な台詞をどんな表情で読むのかな。

読書の習慣を持たない人、活字中毒の人、いろいろな人がいます。
私の友人でも、ハメットやチャンドラーについて語れるハードボイルド好きな人、
ジャック・ヒギンズについて語れる冒険小説好きな人、
スカイラークシリーズやライトノベルについて語るSF好き。
日本の純文学や近代文学について語れる人、いろいろな人がいます。
活字を見ると睡魔に襲われるから読書したことないという人もいます。

最近新しく出会って話すことができた人。
好きな本について熱心に語る人もいれば、全く読書に興味なしの人もいます。
読書について話ができる人が減ったとか、あまり感じることもなく、
その比率も昔とあんまり変らない気がしています。

電子書籍の普及によって、この辺りの事情が、どう変化するのか、しないのか。
私がKindle3を入手して来月で一年になります。紙の書籍は相変わらず購入してますが、持ち歩くことが皆無になりました。
すぐ読みたい本は、小説だろうが漫画だろうが、購入してすぐにPDF化してKindle3に入れてしまいます。
読書量は、近年にないほど、確実に増えています。
大きな変化ではありませんが、生活スタイルは確実に変化しています。快適な方に。

まとまりがなくなってきました。
このブログを始める時、「本」の持っている力を信じているって書きました。
それは紙だろうが、デジタルだろうが、形は関係ないって思います。

余談ですが「文学少女」シリーズの天野遠子先輩ならば、「本」がデジタルってありえないのかな?

四代目Kindle、79ドルキタコレ!!!!




ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

engadget日本版サイトでの実況の続き…

速報:Amazon.com プレスカンファレンス
9:27AM さらに、タッチではない Kindle にも新モデル (4代目)。こちらは79ドル(!)
9:27AM 現行のKindle (3代目)より18%軽く。ページ送りもさらに高速に。
9:28AM 79ドルの新Kindleは本日発売、本日発送!

タッチじゃない四代目Kindleまで出てきやがったよ(笑)。
79ドルて、6000円弱? Amazonすげえよ、本気だよ。
なんか、両方ゲットしそうな予感デス。

9:38AM Kindle Fire 発表。
9:38AM 7インチ IPS液晶ディスプレイ、デュアルコアプロセッサ、約410g。

もうお腹いっぱいな感じです(笑)。
続報は明日でいいや。
そろそろ寝ます。

Kindle Touchキタコレ!!


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

えっと9月28日の23時を過ぎました。
Amazonプレスカンファレンスが始まっているようです。
engadget日本版サイトでの実況が…

速報:Amazon.com プレスカンファレンス
9:24AM Kindle Touch は99ドル。E Ink ディスプレイは最新モデル。さらに長いバッテリー駆動時間。
9:25AM 3Gモデル Kindle Touch 3G は149ドル。100か国で使える無料の3Gデータ通信つき。
9:26AM 予約は本日から、11月21日出荷。

!!!!!新型Kindleキタ~!!!!!
Kindle Touch!!!!
目玉であるはずの「Kindle Fire」より嬉しい(笑)。
タッチパネルでキーボードが一掃されてるし。
これはかなりよさげ。

9月29日、新Kindle発表!!


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

ここ数日、夜間ウォーキングしてるのですが、今日も2時間ばかりウォーキングしてきました。先週末から連日血圧が高いまま下らず焦っていたのですが、ウォーキングの成果か、ようやく落ちついてきました。なんだかなぁ…

それはさておき、CNETでKindle関連のニュースが報道されていました。

アマゾン、Kindle関連イベントを開催へ(CNET News 2011/09/26 08:12)
Amazonが米国時間9月28日、「Kindle」か、長い間待ち望まれてきた「Android」搭載タブレット、あるいはその両方を発表する予定である。

米国時間で明日28日、AmazonがKindle関連イベントを開催して、「Kindle Tablet」か、「Kindle4」をついに発表するみたいです。どんな製品が発表されるのか、非常に楽しみです。

高橋メソッドってご存知ですか?


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

なんと台風直撃です。
とんでもないことになってますね…
週末の三連休には何とかお天気回復して欲しい。

それはさておき。
今日も新Kindleの続報はないものか、
Google先生を使って色々調べているんですが、新しいネタは見つからず。

KindleやSony Readerの新モデルなどワクワクするニュースがある一方で、
電子書籍元年と言われて久しいが、日本では全然流行っていないじゃん、
シャープのGALAPAGOS売り上げ不振で販売終了などなど、
芳しくない記事なんかも、目についたりして。

電子書籍をめぐるこの温度差って何だろうなと、思います。

電子書籍って何?という人でも、
実物のKindleをまじえて話をすると非常に盛り上がるし、
実際ここ一年、私の読書量は非常に増えた。

ウォークマンやiPodで経験した音楽を外に持ち出せる喜びにも似た、
書庫を外に持ち出せることの喜び、楽しさを私は実感しています。
なぜこれが、ドーンと世間的に来ないのか。

色々な思惑や大人の事情でそういうの望まない人たちがいるのか?
う~ん、なんでだろう。

とりあえず、僕らにできるのは、楽しさを伝えることだけ。
それがまだまだ足りないんだなぁ…
そんなことを考えていたら、なぜか「高橋メソッド」を思い出しました。
何年か前、技術者の一部に流行したプレゼンテーション手法です。

・図やグラフは用いない
・巨大なサイズの文字だけで構成する
・一画面あたりの文字数を最小にして、簡潔な内容にする

私は実際に用いたことは無いですが、
幾つか実例のスライドなどを見て、目からウロコが落ちたものです。

□高橋メソッド

http://www.rubycolor.org/takahashi/

人に伝えたいことをわかり易く説明する。
これホント非常に難しいです。

booKNOWのblogやサイト全体が、
電子書籍の楽しさについてのプレゼンテーションの場となればよいなと思っています。
そんな思いを込めて、冒頭に高橋メソッド風の画像を貼ってみました(笑)。

自室で天体観測のようなこと


ども、ワタナベ@booKNOWの中の人です。

や、どうにも残暑が厳しい毎日ですね。

相変わらず「Kindle Tablet」の続報あんまりないですが、
Sony Readerの新モデル「PRS-T1」についてアナウンスがありましたね。
さらなる軽量化やWiFi利用が可能になるなど、非常に良さげですよ!!
お値段も149ドルと、Kindle3と同じぐらい。これは非常に欲くなりました。

それはさておき、昨晩の久々に天体望遠鏡を覗きました。
自宅アパートの作業室に空見える窓があり、パソコンで作業をしながらボンヤリ夜外を眺めていました。
夜空の東側にひときわ目立つ星が一つありました。木星です。

久々に押入れから天体望遠鏡を引っ張り出してきました。
私が愛用しているのは「ラプトル50」という天体望遠鏡です。
三脚と接眼レンズセットで7980円という激安の一品です。
こんなんで見えるのか、と思いきやこれがなかかなよく出来た一品なのです。

安かろう悪かろうな粗悪品が多い中で、非常に真面目に光学設計されています。
作り手の思いみたいなものが伝わる製品で、使っていて楽しいです。

早速、窓を開け、ラプトル50を木星に向けてみます。
小さいながら木星の縞が2本ほど見え、衛星がはっきりと見えます。
…至福のひととき。

光害の影響でベストな環境ではありませんので、
時間と気持ちの余裕があれば、空気がきれいな場所へ行って、
ゆっくり夜空を堪能したいところですが、
自宅から気軽に楽しむスタイルも悪くありません。

東側の窓から月が見える晩は、月面を眺めようと思います。