「黄ばみも真っ白」って洗剤のCMみたいなこと言ってるんじゃないわよ「至高のRalpha編」の巻

前回は「グレースケール化のレッドチャンネル抽出」により、スキャンデータの黄ばみを漂白化できる旨をお話しました。

今回は定番ツール「Ralpha」を使用して、実際にスキャンデータを漂白化する手順についてお話したいと思います。

まず以下のサイトにアクセスしツールを入手して下さい。

スキマ産業
http://nilposoft.info/1

Zipファイルを解凍すると「Ralpha」フォルダが生成されます。直下にある「Ralpha.exe」ダブルクリックすると、ツールを起動することができます。2

おおまかな使い方については、とりあえず以下の動画をご覧下さい。

This movie requires Flash Player 9

以下5つの手順がポイントとなります。

1. 「グレースケール化」をダブルクリックする。

2. 「カスタム」を選択する。

3. 「Red」の値を「1.0000」にする。

4. 「OK」を押下する。

5. 「グレースケール化」にチェックを入れる。

あとは動画にもあった通り、変換元画像をドラッグし、「変換」→「実行」を実行することで、スキャンデータの黄ばみを漂白化できます。

余談ですが「Ralpha」はコマンドラインから使用することも可能です。

Ralpha.exe /ini=Ralpha.ini 00000.jpg

引数で「/ini=Ralpha.ini」を指定するところがポイントです。「ファイル」→「設定の保存」により別途設定ファイルを保存できます。
バッチファイルを作成してfor文などでグルグル回すことで一括処理が簡単に実現できてしまいます。非常に便利です。

今回は「グレースケール化のレッドチャンネル抽出」に的を絞った使い方についてお話してきましたが、「Ralpha」は「グレースケール化」以外にも、「回転」や「色調補正」など自炊を行う上で色々便利な機能が沢山あります。また「複数ファイルを並列処理する」設定もあり、一括処理の高速化もある程度可能です。3「Ralpha」については、非常に便利なツールであるため、今後も取りあげるかもしれません。また別な機会に。

次回は、もう一つの定番ツール「藤 -Resizer-」を使用した方法をご紹介いたします。

▲ページトップへ

  1. 作者様、素晴しいツールの開発ありがとうございます!! []
  2. 環境により「.NET Framework 3.0」以降が必要になります。詳細は「Ralpha」フォルダ内の「readme.txt」を確認下さい。 []
  3. マシンパワーに依存します… []

納期の目安 書籍の到着後3営業日

ソリューション画像

booKNOWのたまご

自炊支援ラボ

電子書籍リーダー徹底ガイド

booKNOW中の人ブログ

ペーパーレス化サービス

オフィスのスペース確保・資料整理に

日に日に増えていきオフィスを圧迫する大量の資料。忙しいあなたに代わってデータ化いたします。

自費出版

あなただけの本を作りませんか?

自伝、エッセイ、写真集、詩集、小説、絵本など、想いを形にするお手伝いをいたします。

MUZICA(ムジカ)|楽器専門ONLINE通販ショッピングサイト